鬼丸の描写を改めました。どうみても……。

 矢が飛んできた方向を安徳がみると、海原に弓を持った上背が一丈3メートルを超える鬼が立っていた。肌は日と塩に灼けて赤い。赤鬼である。都人が履く浅沓あさぐつのようなものを履いていた。その沓だけで水の上に浮いている

情報源: 深みの主上 安徳天皇異聞 – ページ 3 – ノベル日和


Comments are closed.

Post Navigation