Kindleで読めるmobi形式からEPUB形式に変換する方法を試したメモです。

 電書作ってる人にしか関係ない情報かもしれません。元原稿をなくしてしまったけど、Kindle Storeに自著のデータは残っているといった場合、mobiからEPUBを得る方法です。EPUB→ZIPにリネームして表紙画像を救出したい時にもいいかもしれません(解像度はAmazon内の書影とどっちが高いか場合によりますが)。

 

calibre – E-book management Version: 2.48.0を使用。残念ながらmobiでは縦書きだったテキストが横書きになりました。海外製ソフトはダメですね。いったんEPUBを取得して中身をいじることになります。テキスト変換機能もありますので、テキストに変換して、組み直したほうが早いかもしれません。

画面の感じなどはリンク先か、下記の公式ビデオをご覧ください。

calibre-ebook.com

www.youtube.com

 

追記:結局、Calibreの作るEPUBを修正するより新規で作ったほうが楽ということになり、でんでんコンバーターのお世話になりました。あとはWZ Writing Editor 2 が作るEPUBをもとに字下げなどを施し、WZ Writing Editor 2 でEPUBを編集して完成しました。なんかツライ…。

 

参考:HAMSTER Free eBook Converter について

Calibreと同じく電書を変換するアプリです。インストール時に怪しげな検索バーをインストールしかけてくるみたいですが、チェックを外して回避しました。検索バーをインストールしようとするのがあやしいと思いましたのでお薦めしないソフトです。ただし、挙動はCalibreより軽く感じました。そして、このソフトも変換されたEPUBは横書きになります。海外製ソフトはダメだな、とまたしても思いました。そしてよくみると変換に使っているエンジンはCalibreそのものみたいです。つまり、Calibreとは別の変換とかは期待できない。そういうことなのですね。

 


Comments are closed.

Post Navigation