こんばんは。葛城真実です。

 今日は「同人純文学をKindle本で売ろうとしてはいけない」というお話をします。

 理由はライバルが強すぎるからです。ここでピンとこなかった方、あなたはKindleの市場を分かっていません。下記のリンクを見てください。あなたが同人作家として純文学ジャンルのKindle本を売ろうとした時のライバルたちがいます。

 

Kindle Store 日本の小説・文芸 の 売れ筋ランキング

 

  有料Kindle本のジャンルは出版社がさまざまな販促をかけている現役の書籍が並びますし、無料キャンペーンで目立とうとしても、太宰 治、夏目 漱石、夢野 久作、堀 辰雄、芥川 竜之介など錚々たる顔ぶれの筆者による常時無料の名作群があなたのKindle同人誌の頭を押さえつけてくれます。勝てません。装甲硬いです。商品の魅力 だけでこの壁を撃ち抜くのは大変です。

 別のジャンルを探しましょう。あるいはコミケや文学フリマなどで手売りしてみましょう。

 

2015/12/6のスクリーンショットを下に掲載します。

f:id:sakura-shoin:20151206192046p:plain

 

勝てると思いましたか? では試してみてください。


Comments are closed.

Post Navigation