EPUBをベースとした「電子書籍」を「書籍」たらしめているのはなんだろうか。

 どんなにボリュームがあっても、価値があっても、無料で配っていては「分厚いパンフレット」である。 やはり商業ベースでないと書籍とは呼びにくいのではないかと私は思う。

 

「Amazon KIndle Store」 や「BOOK☆WALKER」や「楽天KOBO電子書籍ストア」など販売店が存在し、デジタル著作権管理機能(DRM)で複製が制限される。すると広告収入や波及 効果に頼らないコンテンツ売上単体での収益の可能性が生まれる。コンテンツ製作者として、なんともロマンチックな話ではないか。

 

 コンテンツはすべて無料化したほうがいいとかいう人がいるけど、電子書籍を作っている私はその意見には反対で、「コンテンツ作ったんだから金くれよ」としか思わない。だいたい人が苦労して作ったもの「タダデクレ」って言うなんてやつロクなやつじゃないよ。

f:id:sakura-shoin:20151201160040j:plain


Comments are closed.

Post Navigation