私がいまいる松江市は島根県の県庁所在地である。中国地方の日本海側にあり、隣接する鳥取県の次いで人口の少ない県である。そんな島根県松江市の本や事情について述べたいと思う。
 我が家から最寄りの書店でもある今井書店は多店舗展開しており、本のネット通販もしているし、円盤レンタルはTUTAYAと提携しているし、地域情報書籍の印刷部門も持つ。なので、だいたい困ることはない。
 ただし、今井書店にエロはまったくない。本もDVDもBDも非エロのみ。圧倒的健全である。エロ本やエロDVD・エロBDが欲しい人は、ほぼそれに特化した明治書店や徳川書店で買える。
 一般向けも成人向けもある普通っぽい書店がいいということであれば、BOOKS文化の友で買えばいい。このほか、イオン松江店内に未来書店という本屋もある。
 オシャレっぽい本屋が好きなら、artos Book StoreやDOOR Book Storeがある。
 中古の本がほしいというなら、ブックオフと万代書店がある。古書を求めるなら、だるま書店がある。
 東京より不便にはなったが、我慢できないというほどではない。
 まんがいち不足と思えたどうするか。今ではネット通販があるから問題はない。ただし、実店舗は内容を実際に見てから買えるという抜群の良さがあり、できるだけ実店舗で新刊の本を買うようにしている。


Comments are closed.

Post Navigation